CAMP

2021年【 東北キャンピングカーショー 】開催!

 

東北キャンピングカーショー 2021に、行ってきました!

 

ユウ
今年も、夢メッセでキャンピングカーショーが開催されましたので、購入の参考にするため、トレーラーを中心に見てきました。

動画

 

 

こちらは某ユーチューバーの軽キャンですが、やっぱり400万円ほどと高い・・

 

 

やっぱり、バンコン(バンベース)とキャブコン(トラックベース)がメインですね。

 

 

こちらは、1000万円超えの大型キャンピングカーですが、さすがに中が広い!

 

 

ユウ
こちらがトレーラーですが、やっぱりイイですな

 

 

中はこんな感じで、ネットで見てた通りかな。

 

 

これで300万円くらいで、けん引免許がいらず、初心者向けでしょうか。

 

 

中はまずまずの広さです。

 

 

そして、エアコンもあり。

 

 

ドンドン見ていきます。

 

 

こちらはバスコン(バスベース)で、一番大きく広いか。

 

 

次は、ネットの知り合いから聞いていた、ルーフテントです。

 

 

見た目は面白くていいのですが、値段がナント30万円とな!

いいとこ、5万円が出せる金額のような気がするのだが・・

 

隣には大きなオーニングの付いた、サファリ風のバンがありました。

 

 

しかし、オーニングも20万円とそれなりの値段・・

 

それから、この時とばかりにキャンプ用品店が出店していました。

 

 

こちらは南三陸町のブースで、神割崎キャンプ場の宣伝でしょうか。

神割崎キャンプ場は海の見えるところですので、たまにはいいところです。

 

 

 

これは、ミニバンをキャンピングカー仕様にしたものになり、一人車中泊用というところでしょうか。

 

 

次は、軽トラの荷台に載せるタイプでしたが、相変わらず400万円ほどと高い・・

 

 

この軽キャンは、4人も寝れてソーラーやオーニングもあったが、4人就寝はさすがに厳しいだろ・・

 

 

でも、すでに成約者がいるとは・・ 年寄りの二人旅が中心かな

 

 

ユウ
また、トレーラーコーナーにきましたが、こんどは憧れのホビーです。やっぱり、これしかないでしょう!

 

 

まさに、動くホテルか別荘かという雰囲気でグーです。

 

 

あとは何かデカい軽キャンもありましたが、このデカさでまともに走るのか・・

 

 

でもさすがに、中はそれなりに広い

 

 

こちらは、ハイラックスの荷台に載せるタイプでカッコいいですが、やはり乗るまでには300万円ほどかかりそうです。

 

 

では最後も、トレーラーで締めくくります。

 

 

ユウ

今回は、トレーラーという目当てがあったので、見ごたえがあって良かったです。

しかし、入場料の800円は痛かった (-_-;)

 

動画

 

    • この記事を書いた人
    • 最新記事
    ユウ

    ユウ

    年金生活のおじさんですが、アウトドア好きで、キャンプや山登りにはまっています。最近は、YouTubeやブログにもチャレンジしています。歳のせいで覚えが悪いですが、時間はありますので続けていきます。

    -CAMP

    © 2022 CAMP @ Mt. Blog Powered by AFFINGER5