釣り

【お魚捌き】のプロ用道具

 

魚を捌く、プロ用道具の紹介

 

ユウ
魚を捌くプロの私が、捌くためのプロ用の道具を紹介します。プロ用といっても、家庭にあるものや、アマゾンで安く入手できますよ。

 

動画

 

実は私の場合、キャンプをしていることもあり、アウトドアでの捌きをお勧めしています。

 

アウトドアでする理由

  1. 台所が汚れない(魚臭くならない)
  2. 大きなまな板を使える。
  3. 動画を撮る場合、角度を選べる。

 

1.台所が汚れない(魚臭くならない)

 

普通に魚を台所で調理をすると、魚の跳ねが飛んだり内臓の臭いで、当然、台所中が魚臭くなります。

 

せっかく釣ってきた魚を捌いても、これでは、奥さんにも嫌がれることにもなりかねません。

 

そこで、庭にキャンプ用テーブルを置いて捌けば、台所も魚臭くならずに済むというわけです。

 

2.大きなまな板を使える。

 

魚を捌く場合、家庭の台所だと、どうしてもまな板が通常サイズになりますが、まな板は大きいほうが断然使いやすいです

 

ブリなどの大きい魚を捌く場合などは、当然大きなまな板がいりますし、アジやイワシなどでも、数捌く時には大きなまな板だと、置く場所も困らず作業がはかどります

 

もちろん、初めから大きなまな板を揃える必要はありませんが(プロ用で1万円位)、釣りをする方であれば、いずれ揃えたほうがいいと思います。

 

3.動画を撮る場合、角度を選べる。

 

これもその通りで、動画を撮る場合、家庭の狭い台所とは違いアウトドアだと、前後左右と自由な角度で撮ることが可能です。

 

では、プロ用道具を紹介しますが、一度に全部揃える必要はありませんし、また、ほとんどが家庭にあるもので代用できます

 

しかし、代用はできるのですが、必然的に魚臭くなるのでそれ専用になります。

 

それから、これは部屋の中に置いてますが、実際は庭などで使いますので、ポリタンクなどで水洗いできる工夫をします。

 

 

道具一覧

  1. キャンプ用テーブル
  2. プロ用まな板
  3. プロ用前掛け
  4. 水切りカゴ
  5. 出刃包丁
  6. 柳刃包丁
  7. ブラシ
  8. 水切り
  9. ウロコ取り
  10. 軍手
  11. スプーン
  12. ゴム手袋
  13. ハンドタオル

 

キャンプ用テーブル

 

こちらは、どこにでもあるキャンプ用テーブルになりますが、ビニール製のテーブルクロスなどを、かけてもらえばいいです。

 

 

プロ用まな板

 

プロ用の大きなまな板で、サイズは90㎝×45㎝、値段は、凝ったものでなければ、1万円ほどでアマゾンで買えます。

 

そして、このサイズでもキャンプ用テーブルには収まります

 

釣りをする人であれば、釣るたびに使いますので、揃えるのをお勧めします。

 

 

プロ用前掛け

 

ビニール製の前掛けで、ワンタッチで着脱ができて便利です。

 

とりあえず、普通の布製の前掛けでも構わないのですが、布製だと魚臭くなるので、そのたびに洗う必要もあり、また、衣類と別に洗うことにもなり面倒です。

 

これだと、サッと水洗いだけで済むのでいいですし、アマゾンで2千円ほどです。

 

 

水切りカゴ

 

魚を捌く場合は、何度も水洗いをしますが、その度に水切りをする必要があります。

 

その時に、このカゴに入れておけば、早く水を切ることができて便利です。

 

普通の買い物カゴで、家にあるものでもいいのですが、魚臭くなるので専用のを用意したほうがいいです。

 

こちらは、ダイソーで400円でした。

 

 

出刃包丁

 

やはり、魚を捌くには出刃包丁が一番で、ブリなどの大きな魚を捌くには、刃渡りの長いのがお勧めですが、これは、慣れてきてからでいいと思います。

 

ですので、お家に出刃包丁があればそれでOKで、なければある包丁でいいでしょう。

 

私のは、このサイズで5千円ほどでした。

 

 

包丁の使い方としては、包丁の背の部分に人差し指を添えて切ります。

 

こうすると力が入りやすく、しっかりと捌けます。

 

 

柳刃包丁

 

刺身の柵を切ったり、魚の皮を引く時に使います。

 

魚を刺身にまで調理する人は必須で、2千円ほどで買えます。

 

 

ブラシ

 

丸魚やまな板を水洗いする時に使用します。これも家庭用で構わないのですが、やはり、魚臭くなるので、専用のを用意する必要があります

 

値段は数百円です。

 

 

水切り

 

洗ったまな板の水切りに使います。最後にはタオルで拭くのですが、これで切った後だときれいに乾きます。

 

これも数百円です。

 

 

ウロコ取り

 

これでウロコを取りますが、ウロコを取るのは、煮たり焼いたりする場合で、刺身にするために皮を引く時は、ウロコは取る必要はありません

 

なぜなら、ウロコは皮に付けたまま捨てるのであり、また、ウロコが付いていたほうが、皮が引きやすいのです。

 

値段は、700円ほどです。

 

 

軍手

 

大きな魚や、冷凍して硬くなったのを切る時に使いますが、ゴム手袋の上にはめてOKです

 

 

小さいスプーン

 

これは、どこの家庭にもある小さいスプーンでOKで、使うのは、骨に付いた血合い取りです。

 

ブラシなどで血合いを取ることもできるのですが、そうすると、こんどはブラシがえらく汚れてしまって、その汚れを取るのがまた大変なのです

 

ところが、このような小さいスプーンだと、サッと水洗いだけでいいのでお勧めです。

 

 

ゴム手袋(使い捨てます)

 

 

お勧めの理由

  1. 手が魚臭くならない。
  2. 滑り止め効果があるので、魚をしっかり掴める。
  3. 内臓など、あまり触りたくないのも、平気で触れる。

 

魚を捌く時の第一の関門は、魚臭く、そして、ヌルヌルベタベタする魚を、触りたくないということがあるのではないでしょうか?

 

実際私も、子供の頃の釣りをした記憶では、このことが嫌で、その後釣りをすることはありませんでした。

 

また、魚を捌く動画も数多くアップはされているのですが、ほとんどが素手で捌いており、そうすると、この第一の関門で、する気にならなくなりそうです。

 

ところが、このゴム手袋をすることで、それらの問題をすべてクリアできるのです。

 

魚を素手で触ると、一度洗っただけでは取れないほどの臭いが付いてしまいますが、これをはめてすれば、そのようなこともなくなります。

 

ここで、このように素晴らしいゴム手袋ですが、値段が高くてはちょっととなりますが、私が使っているのは、某ホームセンターのブランド品で、100枚入りで600円ほどと手頃でした。

 

また、捌く場合は両手にはめますが、それでも一度に両手にはめても、2枚で12円と安上がりです。

 

そのようなわけで、こちらのゴム手袋は超お勧めとなります。

 

ハンドタオル

 

こちらは、水洗いした魚やまな板を拭き取る時に使います。

 

もちろん、家にあるので構わないのですが、やはり魚臭くなるので、専用のを用意したほうがいいでしょう

 

 

以上、プロ用道具13点を紹介しましたが、ほとんどが家庭にあるもので代用でき、ないのはビニール製前掛け、柳刃包丁、ウロコ取り等ですが、これらは数千円~数百円で買えます。

 

あと、大きなまな板や出刃包丁などは、慣れてきてから順次揃えていけばいいでしょう。

 

ユウ
さあ、プロ用道具はすぐ揃いますので、あとはプロの捌き方で、釣ってきた魚で回数をこなしていけば、あなたも魚捌きのプロになれますよ!

 

以下のプロ捌き方動画(アジ、サンマ、タイ、ブリ、カレイ)もどうぞ。

 

アジ、サンマ

タイ

ブリ

カレイ

 

    • この記事を書いた人
    • 最新記事
    ユウ

    ユウ

    年金生活のおじさんですが、アウトドア好きで、キャンプや山登りにはまっています。最近は、YouTubeやブログにもチャレンジしています。歳のせいで覚えが悪いですが、時間はありますので続けていきます。

    -釣り

    © 2022 CAMP @ Mt. Blog Powered by AFFINGER5